最新の更新情報はメニューの『更新履歴』をご覧ください

FUNDINNO(ファンディーノ)で株式会社ロジックアンドデザインに出資

FUNDINNO

こんにちは、斉藤カラスです!

またまたFUNDINNOで投資しちゃいました!

今度は「株式会社ロジック・アンド・デザイン」という会社。

この会社は前回もファンディーノで資金調達を行っていて今回2度目です。

結構人気だったらしく、資金調達目標1600万円、上限4400万円に対して上限の4400万円資金が集まって募集打ち切りになりました。

人気があると投資先に選んだ方としてはうれしいですよね!

業務内容はAIによる画像の鮮明化と復元。

画像・映像の“見えなかった”を「鮮明化」「復元化」技術で解決する!
弊社は、画像・映像の鮮明化を可能とする技術「LISr(リサ)」および、劣化した画像・映像の復元化を可能とする「AI復元超解像度化技術(仮称)」を開発・提供しています。
当技術は、画像・映像の見えていない部分の「加工補正」を行うものでは無く「元のデータを再現させる」といった部分に特徴を持っています。
「LISr」では、画像・映像内の暗く沈んだ領域、白くとんだ領域、コントラストがはっきりしない領域などを検出して「データとしては写っているが見えていない」情報を再現します。
また現在、弊社が新たに注力している「AI復元超解像度化技術」は、「ピンボケ」や「解像度の低下」などにより発生してしまった画質劣化を、画像・映像の周波数を分解して再計算することで、元のデータを高解像度で再現するといった技術です。

ファンディーノのロジックアンドデザインインタビューより

しかも大手医療機器メーカー「ニプロ社」との契約しています。

もうすでに売り上げが上がっているので、初回の募集よりはリスクが低い資金調達と考えました。

しかも、ベンチャーを応援する『エンジェル税制』に選ばれればこの投資資金は減税処理されます(確定申告が必要)。

さて、ファンディーノでの投資先はこれで5銘柄となりました。

未公開株は一度買ったら売りたいと思った時にほぼ売ることはできません。

そういったリスクを抱えつつ、会社を応援するというまさにグロース投資そのものなのでベンチャー投資は面白さがあります。

普通、ベンチャー投資というのは大金を投資して企業を応援というイメージですが、ファンディーノは数万円~数十万円からベンチャー企業に投資できます。

競馬で言うところの一口馬主みたいなもので、しっかりと株主総会に参加できますし、決算報告書も見れるので会社の成長を身近に感じることができ、非常に面白いと思います。

毎期の決算報告書で売上が上がっているのを見るのは楽しいですよ。

とはいえ非常に難しい投資なので、やる場合は自己責任で。

それも一気に大金を投入するのではなく、少額を試しに買ってみましょう。

今回も未来への投資ということで出資させていただきました。