最新の更新情報はメニューの『更新履歴』をご覧ください

サラリーマン投資家のiDeCo(イデコ)確定拠出年金の運用状況【2019.10.10】

確定拠出年金(iDeCo)

こんにちは、サラリーマン投資家です!

前回の更新から約2カ月経ちましたので、イデコ・確定拠出年金の運用状況がどうなっているのかを見てみたいと思います。

ちなみに前回は8月の頭にチェックしていて、+0.7%と久しぶりにプラテンしました。

ひふみ年金が作った借金を返済し、ようやく将来に向けて資産を雪だるま式に増やしていく段階に入りましたよ!(スロースターター)

それでは見てみましょう!

現在のiDeCo(イデコ)運用状況

現在のiDeCo運用状況はこちらです。

10月8日現在

前回更新した8月末は0.7%だったのですが、今回も+0.7%なので変化なし。

拠出は増えているので資産自体は増えています。

海外株式は伸びが鈍いですが、「金(GOLD)」の価格上昇が相変わらず効いてますね

保有銘柄割合

前回と比べた今の銘柄のバランスは以下のようになっています。

・元本保証商品 14%→13%
・三菱UFJ純金ファンド 19%→20%
・外国株式インデックス 34%→33%
・野村外国債券インデックスファンドDC 35%→36%
※小数点以下切り上げなので合計が100%にならないときがあります。

相変わらずいい感じの保有割合だと思っているのでこのまま継続します。

金の売り時は難しいですね。

現在のiDeCo(イデコ)の掛金配分

掛金内訳

海外株式、海外債券、金の3本柱を継続。

特に問題が見当たらないのでこのままでいきます。

なにやらネット上ではiDeCoのお金が引き出せないなどと騒いでいる人がいますが、そんなのやる前に分かっていたことでしょう。

そのリスクを負ってるからこそ税金負担が軽減されるのがイデコなのです。

減税の恩恵を受けておきながら、いざという時に制度がヤバいと騒ぐなんてブロガーとしか思えませんね。

それではまた2カ月後くらいにiDeCo収支の発表をしたいと思います!