【板室健康の湯 グリーングリーン】さっぱりアルカリ性温泉で旅行の〆に最適!

栃木

こんにちは、斉藤カラスです。

栃木県でも板室温泉はアルカリ性が高くて美肌の湯が多いです。

その中で日帰り入浴施設として営業している板室健康の湯 グリーングリーンに行ってきました!

東北自動車道 黒磯板室I.Cから県道30号線・369号線を車で約25分走るとたどり着く、自然に囲まれた入浴施設が『グリーングリーン』です。

板室温泉 グリーングリーン

栃木 板室温泉 グリーングリーン

板室健康の湯 グリーングリーンメモ

HPには以下のように書かれています。
栃木県那須塩原市にあります、「板室健康のゆグリーングリーン」は、清流「那珂川」の源、関東の薬湯で知られる板室温泉内にたたずむ
日帰り温泉入浴施設です。
「下野の薬湯」と、呼ばれ豊富な湯量を活かした内湯や露天風呂をはじめ、広々とした談話室、会議室などを完備しています。
また、併設する那須塩原市板室自然遊学センターでは板室と奥那須の自然と歴史を紹介する展示館です。
「板室健康のゆグリーングリーン」は北関東綜合警備保障(株)の指定管理施設です。皆様に安全・安心の癒しの空間をご提供致します。

ここって綜合警備保障のアルソックが運営してたんですか!?知りませんでした…

 

『関東の薬湯』や『健康の湯』と名付けられているように、昔は湯治場として栄えていた板室温泉。

できるだけ多くの湯治客に湯を利用してもらうために立ち食いならぬ『立ち湯』だったようです。

その姿を再現したのがこの入浴施設にある『綱の湯』。

綱の湯
©板室健康のゆ グリーングリーン

露天風呂の天井から綱が垂れていて、その下の湯舟は深くなっています。

危ないので綱につかまりながら入浴するかつての共同浴場のスタイルを再現しています。

 

泉質はpH9.2のアルカリ性単純温泉。

露天風呂は広く、山々に囲まれていて景色もいいです。

ぬるめのお湯で低刺激。湯の音を聞きながらいつまでも入っていられる身体に優しい温泉です。

低温温泉のいいところは湯上りに余計な汗をかかず、さっぱりとした湯上りを感じられるところです。

アルカリ性なので肌もつるっとしてしかもさっぱり。まさに旅行の〆に最適な湯です!

 

まとめ:栃木旅行の最後に是非

板室健康のゆ グリーングリーンHP
http://www.alsok-shiobara.jp/greengreen/html/sisetutop.html

栃木県那須塩原市百村3090−6 TEL:0287-69-0232
入浴料:大人500円 小中学生200円
営業時間:10:00~19:00 ※11/1~3/31は10:00~18:00まで
休館日:毎月第4水曜日(祝祭日の場合は翌日)年末年始

評価基準
特A…地域最高、A…大満足、B…納得満足、C…悪くないけど物足りない、D…もう少し改善してほしい、E…それ以下

眺望(景観):B
泉質:A

秘境感・・・・・リゾート感・〇・・・日常感

満足度:A

コメント:アルカリ性で湯上りさっぱりの温泉なので、那須湯本や塩原で酸性の白濁の湯を堪能した後にゆっくりと浸かるのには相性最高な『仕上げの湯』として非常に良い温泉です。

那須高原や塩原にお泊りの際はそのまま帰宅するのではなくて、一旦板室温泉に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

かなり満足できると思います。