尖石温泉 縄文の湯【長野・茅野の日帰り温泉】

長野

こんにちは、斉藤カラスです。

日本遺産で話題になった地域の温泉に行ってきましたよ!

尖石温泉 縄文の湯

諏訪I.C.から渋や蓼科に行く途中にある日帰り温泉がここ、縄文の湯です。


※夜に行ったのでライトアップされてます。

カエルの鳴き声が響く、懐かしさを感じる里。

縄文の湯という名前は、石器時代遺跡や縄文考古学館がこの近くにあるのでこういった名前になったようです。

この辺りの黒曜石の出た遺跡が最近日本遺産に指定されています!
リンク

太古のロマンに思いをはせつつ、温泉に入ってみましょう!

泉質はアルカリ性低張性温泉(硫酸塩泉)。

硫酸塩泉は切り傷や動脈硬化に良いとされ、皮膚に潤いを与える美肌の湯です。
また、メタケイ酸多めの疲労回復効果の高い温泉です。

眺望は中庭が見渡せますがその程度ですかね。
空は抜けてて開放感があります

行ったのが夜だったので、昼間に来ればもう少し印象が違うのかもしれません。

調べてみるとここは茅野市の福祉施設のようで、茅野市民は割安で利用できます。
地域密着型で地元の人も多く、地元に愛されている温泉です!

まとめ

尖石温泉 縄文の湯http://www.city.chino.lg.jp/www/contents/1000000763000/
長野県茅野市豊平4734番地7821 TEL:0266-71-6080
入浴料:600円 中学生以下300円 小学生未満無料
業時間:9:00~21:00(最終受付20:30)
休館日:月曜日

評価基準
特A…地域最高、A…大満足、B…納得満足、C…悪くないけど物足りない、D…もう少し改善してほしい、E…それ以下

眺望:C
泉質:C

秘境感・・・・・リゾート感・・・〇・日常感

満足度:C

コメント:この施設は地域コミュニティーの拠点としての意味合いが強そうです。

温泉施設による地域コミュニティーの強化…大事だと思います!

いろいろな地域で市や町が運営する温泉に行くことがあるのですが、地元のご老人たちの憩いの場になっていてなごみます(^^)

斉藤は温泉に1時間くらい滞在することもあるのですが、温泉入りに来た時と入り終わって出ていくときに休憩所で同じ体制のままのおばちゃんとか見ると幸せそうだなぁと思いますよ(笑)

ちなみにこの施設には温泉スタンドが併設されており、20リットル10円で温泉を販売しています。

買いに来れる距離なら買いに来たい…(遠い)

それではまたどこかの温泉で!