【神奈川 天然温泉いやしの湯】 高濃度の硫酸イオンで肌トラブル予防!

神奈川

こんにちは、斉藤カラスです!

道志道をずっと下っていくと休暇村という山の中の隠れた施設がありました。

道志ダムのそばにこんなところが!?

神奈川 緑の休暇村 天然温泉いやしの湯

中央自動車道「相模湖I.C」を降り、国道20号「日連入口」交差点を左折して約10キロ。

圏央道「相模原IC」から国道412号経由、「青山」交差点を左折し、  国道413号で山中湖方面へ約12キロ。

相模湖から向かうと道志ダムのすぐ先に緑の休暇村があり、そこの入浴施設として「いやしの湯」があります。

いやしの湯

天然温泉いやしの湯メモ

HPには以下のように書かれています。
「いやしの湯」は、関東地域周辺を構成している、4つのプレートが重なり合っている、富士山から丹沢山地の基盤を形成する約500万年前の地下深所で、結晶・固化した 石英閃緑岩の裂け目に沿って、長い年月をかけ涵養(かんよう)された最高の天然温泉です。
温度は36.8度と中温で、泉質は「カルシウム・ナトリウム・硫酸塩泉」という、第一級の名湯であり、PH値9.2と低張性アルカリ性温泉で、成分的には「しっとりとなめらかさ」が 特徴です。 ゆっくりとやや長めに入浴することをお薦めします。

HPには上記のように書かれていますが、斉藤が行ったH30年現在はpH8.7のカルシウム‐ナトリウム硫酸塩泉でした。

しかし、ここのお湯がすばらしいことに変わりありません。

特筆すべき成分は硫酸イオン2380mg/kg

一般に1000mg/kgあれば硫酸塩泉といえるのですが、それが基準値の倍入っています!

硫酸塩泉は皮膚に対して薬用効果が高く、湯上りさっぱりのサラサラ美肌の湯です。

内湯は広々としていてゆったり、露天風呂は半屋根付きで長く浸かっていられるまさに癒しの湯

周囲の山を眺めながらの温泉は最高です。

まとめ

天然温泉 いやしの湯HP
http://yamanami-onsen.jp/

神奈川県相模原市緑区青根844
TEL:042-787-2288
入浴料:3時間大人700円 子供400円(※12月~2月までの間、17時以降大人500円 子供(小学生)・障がい児者300円)
営業時間:3月~12月 10:00~21:00(最終受付21:30)、1月~2月 10:00~20:00(最終受付19:30)
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日休館)

評価基準
特A…地域最高、A…大満足、B…納得満足、C…悪くないけど物足りない、D…もう少し改善してほしい、E…それ以下

眺望(景観):B
泉質:A

秘境感・・〇・・リゾート感・・・・・日常感

満足度:A

コメント:山に囲まれた緑豊かな温泉施設。
褐色がかったお湯でしっとり温泉です。
かなりいい泉質でした!