2018年7月27日の楽天口座

売買履歴

こんにちは、斉藤カラスです。

前回長期保有条件の付いている優待銘柄以外すべて売却して撤退していた楽天口座ですが、懲りずに優待銘柄を集め始めています。

現在の楽天口座保有銘柄

楽天口座

オリックスはせがわは長期保有条件の付いた優待銘柄ですので何も考えずホールド中。

日本たばこ産業(JT)はたばこの将来性が不安視されていて下げてますが、配当利回り5%で業績的にも減配はないと考えているので3000円以下で購入。直近で値上がりしているので含み益となっています。優待もありますし200株までは持っていると利回りがいいですね!

すかいらーくは他の優待券を出している外食と比べて割安なので購入。優待改悪懸念があって購入していなかったのですが、優待改悪せずに優待券を優待カードに変更しただけでした。これは金券ショップ等への転売防止策として有効な施策です。せっかくカードにしたのにすぐに改悪するとは斉藤は考えていないので、今年いっぱいは安心して持っていられるかなと思い購入。優待クロスもしにくい銘柄になってしまったので、そういう意味でも価値が上がった銘柄ですね。

ビーグリーは電子書籍銘柄で、実は斉藤は今年の勝負銘柄として1月に購入していたのですが、2月の暴落でやられて撤退しました…

電子書籍市場はライバルが乱立していて非常に競争の激しいレッドオーシャンであり、各社広告宣伝費がかさんで思うように利益が出ていません。ただし、電子書籍というものはいろいろなところで購入するとユーザーとしても面倒なので、一度あるところに登録したらよほどのことがない限り別のところに移りません。ですから大量の広告宣伝費を投入してでも新規ユーザーを囲い込むことが将来の業績へ直結することになりますので仕方のない投資だと思われます。

斉藤が2月に損切りした理由の一つに海賊版サイト漫画村の脅威が業績に影響を与えるということがあったのですが、海賊版サイトはすでに閉鎖され、嫌々ながらもユーザーは電子書籍会社に登録しつつある状況になっていると思います。チャート的にも、どれだけ悪材料が重なっても1400円前半が底ということで底らしきところでちょっと買ってみました。業績次第ではもう少し買うかもしれません。

原田工業はクオカード目的で買い戻し。800円以下で購入しましたのでもう売らずに放置します。

以上が現在の保有銘柄ですが、ライザップ系の高利回り優待銘柄を手放してしまって後悔しているので、どうにか買い時がないかと指をくわえてみている状況ではあります。