最新の更新情報はメニューの『更新履歴』をご覧ください

1年に3度も暴落すれば…

売買履歴

さすがに対応は慣れたものでしょう。

それにしても今年は2月、10月、12月と急落が発生し、ボラティリティの高い一年でしたね。

斉藤は2月の急落で致命傷を負ったので、10月以降は用心深い取引を心がけていた分、そんなにダメージは負ってません。

片手を持っていかれたくらいです(被弾してる)

というのも、『3連休を挟んでアメリカが上昇するかな?』という淡い期待をもって、金曜日の引けで少し買っていたのでそれが足を引っ張りました。

それらを損切りすることから本日の売買はスタート。

本日の取引

夢真HDを500株損切り。

自社株買い救助隊の救助ライン740円で500株売却。

700円で配当利回り5%なのですが割っていきそうですねぇ。

怖い怖い。

 

JTを寄りで100株売却。

金曜の引けで買った100株を手放しました。

200株までなら優待を200株分もらえるのですが、300株保有していても200株と同じ優待が来るので、意味のない100株を損切り。

 

ヴィアホールディングスを100株損切り。

少し早く買い過ぎました。

今の優待銘柄の状況を見ていると、優待利回り10%くらいは無いと新規で買ってはいけないですね。

 

優待目的でアエリアを100株購入。

優待品のクオカードごとに絵柄の指定があればもっと買ったかもしれません。

どれも同じ絵柄なのか、違う絵柄なのか。

クオカードに描かれているキャラクター次第ではプレミアがつくかも😋

 

その他、メイン口座の売買

システム情報を全売却。

IPSを全株売却。

パイプドHDを買い増し。

6364キクカワエンタープライズを新規買い。

 

改めて皆さん、本日はお疲れさまでした。

日経平均が1000円下げた今日を終えて、まだPFにある銘柄。

それがあなたの勝負銘柄です。

ところで、その握りしめている株、今買い増ししたいですか?

買い増ししたくない、持っているのが苦しいのであれば、それは株ではなく紙屑です。

 

…イきり天井ポエム底という言葉があるのでポエム読んでみました。(今日底で明日から反発してくださいお願いします)

 

今回の暴落を受けて、システム情報やIPSなんていう自分のスタイルに合っていないものを触っていることの愚かさを思い出しました。

これらの銘柄で利益を出せる人も当然いますが、斉藤は利益を出せない人でした。

自分のスタイルを明確にし、それを洗練していくことが生き残るのに重要なことです。

斉藤のようなアウトローは薄板銘柄に戻ることにしますよ。

 

さて、メイン投資は薄板投資法ですが、配当投資や優待投資もやっています。

配当銘柄や優待銘柄をいつ買い向かうかですが、配当銘柄は配当利回り6%を超えたら買っていこうかなと思います。

というのも、有名な投資アカウント『らう』さんが株式期待値6%(PER16.666倍)という基準を用いて四季報を読破されていました。

この期待値は値上がり益のことだと思うのですが、値上がらない銘柄でも配当利回りを6%維持できるような銘柄があれば株式期待値は擬似的に6%になるのではないか?という仮説の元、どんなに暴落しても配当利回り6%になったら買い向かっていこうと思います。

(逆に言うとJTなどの高配当株も利回り6%になるまで新規買いをストップ)

もちろん景気敏感株で減配のリスクがある場合は気を付けて購入検討する必要がありますが、そのあたりは購入時に考えます。

優待株投資については、優待の質や換金性などを考慮しなければならないので非常に難しいのですが、ライザップ系銘柄を見ていると優待利回り20%を超えることは今のところなさそうです。

物系優待は低く見積もられることが多いのですが、とりあえずこのラインを底と考えて、斉藤は配当+優待利回り10%から購入を検討していきたいと思います。

ただ、これは下落相場での対処法なので実際この基準に到達するかは怪しいです。

あくまで突っ込んだ時にどこで買えばいいかわからない時の目安くらいで見ていたほうがいいかもしれません。

 

長々と書きましたが、下がり続ける相場はありません。

生き残っていれば挽回できるので生き残りましょう。

まずはそれからです!