最新の更新情報はメニューの『更新履歴』をご覧ください

四季報2019年秋号で気になった銘柄を紹介

銘柄考察

こんにちは、四季報投資家です。

毎回やってる四季報通読ですが、前回タマタマ運よくうまく行ったので今回もいい銘柄と巡り合うために3連休で読んできましたよ。

ちなみに前回の記事はこちら↓

四季報で気になった銘柄の答え合わせ(2019年夏号)

所感

今回の四季報は掲載されている株価が8月29日の底値水準だったので、『この銘柄良いじゃん!』と思って現在の株価を見に行くと上がってしまった後、ということが多くて面倒でした。

また、上記の影響で割安に見える銘柄も多かったです。

こうしてみると、8月末の安値は異常値であったということが分かります

底からの反発を、実はもうしているのではないかということを感じました。

株価の上昇を期待したい9銘柄

ということで、その中でもまだまだ買えそうな四季報を通読して気になった銘柄を紹介していきたいと思います。

四季報2019年秋号で、株価の上昇を期待したい銘柄として選定したのは以下の8銘柄。

  • (2436)共同PR
  • (4394)エクスモーション
  • (6046)リンクバル
  • (6556)ウェルビー
  • (6670)MCJ
  • (7036)イーエムネットジャパン
  • (7064)ハウテレビジョン
  • (7813)プラッツ

一銘柄ずつ簡潔に紹介していきたいと思います。

2436 共同PR

前号並み、会社比強気。

【増配】【業務提携】

企業PRのコンサルを行う会社。

売上は順調で利益も積み上げている状況で、会社として大分安定してきたという印象です。

継続して業績を出せると感じましたが、金曜日時点の株価が1312円ということで『フェアバリュー』という印象。(四季報では1185円…)

会社の中期計画は毎年約10%の成長を見込んでいるということなので、この辺りの株価水準ならある程度納得できます。

今後相場が一時的な軟調になったときには購入を検討したい銘柄です。

4394 エクスモーション

前号並み、会社比強気。

【好調】【課題整理】。

組み込むソフトの品質改善に特化したコンサル。

上場以来利益成長があまりなかったため株価が軟調でしたが、受注残が前年同期比30.7%増と今後の売上の上昇が見込めるためおもしろいと思います。

株価は四季報掲載時1793円、金曜日終値で1892円。

バリュエーション的には株価は安くはないですが、短期で2000円を超えてもおかしくはないと思います。

6046 リンクバル

前号並み。

【続伸】【重点】。

街コンなどイベント情報のECサイトを運営する会社。

ツイッター上でかなり盛り上がった銘柄です。

そのときは株価が高くて欲しくなかったのですが、今回株価の下落により目に入る水準になっていました。

四季報掲載時の株価465円なら買ってもいいなと思い株価を見ると552円

20%近くも上昇してるやん…

うーん…まだ安いっちゃァ安いです。

底打ったと考えると600円以上も見込めますがどうでしょうかね。

6556 ウェルビー

前号並み。

【堅調】【人材紹介】

障がい者の職業訓練や就職支援をしている会社。

この四季報で劇的に変わっているということはないですが、順調に成長している優良企業なので最後まで残りました。

成長率が鈍化している点が気になりますが、監視に入れておこうと思います。

四季報掲載時株価1657円、記事作成時株価1680円。

6670 MCJ

前号並み、会社比強気。

【最高益】【テコ入れ】

乃木坂46のCMでおなじみのマウスコンピューターの会社。

ネットカフェや24時間ジムも運営しているようですが業績に占める割合はまだ大きくない模様。

この会社の収益力であれば今の株価は割安と判断できるでしょう

ただし、業績が成長期から成熟期にかかっている感じがします。

パソコン販売の成長率がマイルドになっているので他業種の新業態を育成していると思われます。

新業態が軌道に乗れば再成長、そうでなければ成長に見切りを付けられてしまうという過渡期が到来しようとしている印象を受けました。

株価もそれを織り込んでいるような水準なので『何これ安い』で飛びつくと思わぬ損失を被ることも?

慎重に行きたいですが安いことは安いのでリスクを理解してからエントリーしたいところ。

四季報掲載時株価661円、記事作成時株価702円

7036 イーエムネットジャパン

前号並み、会社比強気。

【順調】【狙い目】

インターネット広告の会社。

新卒採用をして人材を増やしても営業利益が前年同期比28.9%増とそれほど悪化していない。

順調に成長しています。

地方の広告需要を掘り起こそうとしていますがそのあたりがどうなるか。

監視していきたいと思います。

四季報掲載時株価3005円、記事作成時株価2934円。

7064 ハウテレビジョン

前号比増額↑、会社比強気。

【増益幅拡大】【カフェ】

難関大学生向け終活サービス「外資就活ドットコム」運営。

非常に好調な業績

ただし、次の四半期決算の数値は悪そうなのをどこまで市場が認識しているか

監視に入れつつ安くなれば買ってみたい銘柄。

四季報掲載時株価2287円、記事作成時株価2530円。

2000円くらいになってくれないだろうか。

今の株価で買う気になれないんだよなあ。

7813 プラッツ

前号比増額↑

【向上】【拡大】

介護ベッド製造販売の会社。

高級な介護ベッドが多い中、比較的安価なベッドを提供するという会社。

どうやら業績は良さそうです。

四季報掲載時株価1203円、記事作成時株価1276円。

今後3年間は毎年10%の成長を見込んでいますので、まあ、フェアバリューですかね。

株価が下落したら買いたいところ。

番外編 毎日コムネットアイドママーケティング

8908 毎日コムネット

ツイッター上の四季報トーナメントという企画で銘柄を出し合って人気投票をするという企画があり、毎日コムネットアイドママーケティングで出走させていただきました。

毎日コムネットはほかの投資家の方が詳しく解説してますので私は特に言及しませんが、人材系のセグメントが次の四半期も数字が悪いはずなので次の決算が終わった後に購入する予定でした。

ただ、この8月末の株価下落の巻き返しでやや動意づいてしまったような感じだったので仕方なくエントリー。

高配当、安定業績

長期保有したい銘柄です。

販売不動産のストック量が多すぎて不安という人がいるかもしれませんが私は気になりませんね。

9466 アイドママーケティングコミュニケーション

アイドママーケティングコミュニケーションも割安銘柄。

電子棚札に算入し、参入費用をすでに決算に計上済みなのでこれからは売上を上げてもらえれば利益が上がってくる。

問題はどのくらいの売上が上がるのかですが、まだ読めません

ココが楽しみでもあり、不安材料でもあります。

しかし、元々安いので下値は限定的とみています。

まとめ

今回の四季報2019年秋号は8月末の下落時の株価から反発した後の発売だったので、すでにめぼしいものは反発した後でした。

なかなか厳しい感じでしたが、それでも一応上記銘柄を選出。

それ以外にも今までの四季報通読で見つけている銘柄が引き続き好調であったので個人的には良かったです。

今後3カ月はこれらを監視しつつ、いい時にエントリーしていきたいと思います。

それではまた!