最新の更新情報はメニューの『更新履歴』をご覧ください

白骨温泉の日帰り混浴温泉は休日大混雑です!【泡の湯】

長野

白骨温泉といえばお湯が白濁していることで有名ですが、その白濁を利用して女性でも利用しやすい混浴を売り出しているのがここ、泡の湯(旅館)です。

ちなみにホームページを見ると外湯の営業は終了していますが、混浴の大露天風呂は営業していますので問題なく泡の湯を楽しめます。

白骨温泉 泡の湯

楽天トラベル2019年露天風呂ランキング甲信越・北関東・伊豆箱根で総合5位ということで大人気の温泉旅館。

泡の湯は白骨温泉郷からやや離れた乗鞍高原側にあり、むしろ泡の湯旅館は泊まるには高すぎる高級旅館なので乗鞍高原で安くていい宿に泊まった翌日に行くのがベターな気がします。

正直、乗鞍も白骨も温泉の質はそんなに変わらないので…

10時から14時までという短い時間の営業に加え、炭酸泉のためぬる湯なので長時間入っていられる温泉は土日は激混みです。

駐車場も広いですが車がいっぱい…

立ち寄り温泉用の入り口
©泡の湯旅館ブログ

混浴となっている広い露天風呂も人でいっぱいで広さを感じないです。(むしろ狭く感じる)

混浴というものは人が人を呼ぶようで、ここ泡の湯は土日に来るとやたらと混んでいます。

女性はタオル着用で白濁湯なのでいやらしいことは特にないのですが、そういう雰囲気を味わいたい人が押し掛けるようです。

ちなみに内湯と男女専用の小さい露天風呂もあるので混浴が苦手な方はそちらで温泉を楽しむことができます。

ということで、混浴大浴場の女性比率は他の混浴温泉と比べて高くありません。

しかし、お客さんが多いので相対的にちらほら見かけます。

泉質

泉質は含硫黄‐カルシウム・マグネシウム‐炭酸水素塩泉。

硫化水素型硫黄泉です。

主な成分は、マグネシウムイオン38.0㎎/㎏、カルシウムイオン169.9㎎/㎏、炭酸水素イオン740.5㎎/㎏、遊離二酸化炭素299.5㎎、遊離硫化水素4.7㎎ということで炭酸水素塩泉なので皮膚疾患や傷に良いのに加えて、二酸化炭素がそれなりに多いので湯上りのぽかぽかが続く温泉ですね!

炭酸が抜けてしまうのでぬる湯なのですが、寒い場合は内湯に加温した湯船があるのでそこで身体を一時的に温めましょう

ちなみに内湯は透明なお湯が張られていますが、白濁湯は空気に触れてできた湯の花が蓄積してできるのでむしろ内湯の方が新鮮な源泉が楽しめます

飲泉も可能

この温泉は飲泉も可能で、日帰り温泉の受付を済ませて脱衣所に向かう途中に飲泉コーナーがあります。

ほんのり硫黄の香りのお湯を少し飲んでみても面白いと思います。

口コミ評価

白骨温泉 泡の湯(旅館) https://www.awanoyu-ryokan.com/gairai.html

長野県松本市安曇4181
TEL:0263-93-2101
入浴料:1000円、小学生以下600円
営業時間:10:30~13:30(14時退館)
休館日:HPのカレンダーで通知

評価基準
特A…地域最高、A…大満足、B…納得満足、C…悪くないけど物足りない、D…もう少し改善してほしい、E…それ以下

眺望(景観):B
泉質:A

秘境感・・〇・・リゾート感・・・・・日常感

満足度:B

コメント:

まあ、とにかく混んでるんでね、はるばる来た割には秘境の温泉に来た感は全くないですよ。

でも老若男女みんなでワイワイ温泉を楽しみたいという人にはぴったりな日帰り温泉です。

家族やカップルで大露天風呂を満喫している人もいましたし、明るい感じの温泉でした。

ぬる湯なので冬は寒そうですが、景観は良さそうで気になります。

ちなみに、混浴にかかわらず人をじろじろ見るのはマナー違反なのでやめましょう。