最新の更新情報はメニューの『更新履歴』をご覧ください

【優待クロス・つなぎ売り】2020年1月のおすすめ株主優待クロス銘柄【SBI証券・楽天証券短期編】

優待クロス1月まとめ

1/24表の更新

1/23表の更新

楽天短期がスタートします!

1/14表の更新

優待blogを運営しているたかもんさんがブログでつなぎ売り計算機を公開していますのでいろいろお計算してみたい方はこちらをどうぞ。


あけましておめでとうございます、優待クロス投資家です。

まだまだ正月ボケですが1月のSBI証券の一般信用クロスが始まりますのでまとめたいと思います。

先月からSBI証券、楽天証券で手数料改定があり、無料で攻めれる範囲が広がったのは優待クロサーにとっては僥倖と言えますね!

このチャンスを生かして今年も優待をじゃんじゃんゲットしましょう!

あ、SBI証券で今年の優待クロス開始日(予定)がアップされてましたので貼っておきますね!

SBI証券2020年のクロス解禁日

新規建可能日の前日19時がクロス解禁日となります!

いつもの取扱説明書

SBI証券・楽天証券で12月権利銘柄を優待クロスした場合どのくらい儲かるのかをまとめています。

SBI証券の場合

SBI証券は2019/12/23(月)の約定からアクティブプランの手数料が1日当たり50万円まで無料となります。

しかも現物取引で50万、制度信用取引で50万、一般信用取引で50万までそれぞれ無料です。

ということは『現物買い+一般信用売り』のクロスはアクティブプランなら50万円分のクロスが無料でできます。

これは非常に有効ですのでアクティブプランに変更を推奨します。

ただし、一日当たりの取引額が50万円を超えるとスタンダードプランに劣りますので取引量には注意してください。

※追記:クロスしようとする銘柄の株価が50万円を超えた場合、アクティブプランだと現物買いをせず、すべて信用取引でクロスを行う(信用買い+現引+一般信用売り)法が手数料が安くなります。

2019年12月20日の手数料改定(SBI)

楽天証券の場合

楽天証券のいちにち定額コースも手数料が改定されましたが、こちらは一日の合計が50万円まで無料です。

ですので『現物買い25万+一般信用売り25万』まで手数料無料になります。

無料になる取引量が少ないのであまりお勧めではありません。

ご自身の取引量を考慮してどちらのプランにするか選択しましょう。

2019年12月23日からのいちにち定額プラン

12/23からの推奨取引コースまとめ

〇完全保存版 金額当たりの推奨優待クロス法
SBI証券スタンダードプラン…信用買い+現引+一般信用売り(1日当たり50万円以上のクロスで推奨)
SBI証券アクティブプラン…現物買い+一般信用売り(1日当たり50万円以下のクロスで推奨)
楽天証券超割コース…信用買い+現引+一般信用売り(1日当たり25万円以上のクロスで推奨)
楽天証券いちにち定額コース…現物買い+一般信用売り(1日当たり25万円以下のクロスで推奨)

当サイトの表の読み方

SBIスタンダードプラン・楽天超割コース(信用買い+現引+一般信用売り)は縦列の緑色のセル、こちらの手数料なしの儲け水色のセルで記載しています。

手数料なしは主に楽天大口取得者のためのものです。(楽天大口は信用手数料が無料)

SBIアクティブプランはオレンジのセル楽天いちにち定額コースはピンク色のセルで記載しています。

ご自身の選択コースに合わせて表をご利用ください。

また、銘柄名のところが赤い銘柄は月末権利日ではない銘柄。

銘柄名のところが緑色の銘柄は今のところ楽天証券のみでクロスが可能な銘柄です。(緑は楽天証券に対応したときに出現)

1日クロスを遅らせると『1日の金利』分の儲けが増えると考えてください。

経費のまとめ記事についてはこちら↓

【配当落調整金って何?】意外と知らない?一般優待クロスにかかる経費【株主優待クロスの経費一覧】

日興証券ダイレクト証券・カブドットコム証券・楽天証券無期限・マネックス証券はこちら

【優待クロス・つなぎ売り】2020年1月のおすすめ株主優待クロス銘柄【SMBC日興証券・カブドットコム証券・楽天証券無期限・マネックス証券用】

以下、注意点はご了承ください。

注意点以下の表は1/6の楽天証券・SBI証券における情報をもとに作成しています。
本記事に基づく株取引等、すべての契約行為について当サイトは一切の責任を負いません。

では見ていきましょう!

SBI証券・楽天証券でおすすめな1月の株主優待クロス銘柄

1/24更新

ダウンロードすれば大きく表示されるようになっています。

今のところSBI証券で一般信用クロスができないものは銘柄名が灰色になっています。

SBI証券初日から比較して楽天証券で新たに追加されている銘柄を緑色のセルにしています。

1月末権利銘柄の権利付き最終売買日は1月29日

SBI証券での1月末権利日銘柄の一般信用クロスの解禁は1/8(水)の19時からです。

1月末は逆日歩3日、一般信用金利4日です。

長期保有要件のある1月優待銘柄

  • 3246 コーセーアールイー 1年長期保有要件有り
  • 8013 ナイガイ 6カ月長期保有要件有り
  • 8142 トーホー200株以上 1年長期保有要件有り

おすすめ銘柄まとめ

SBI証券で1/6現在一般信用クロスできる銘柄は13銘柄。

1月は少ないですね。

20日権利のDydoとタカショーは確保したい銘柄。

それ以外では(3169)ミサワ(9681)東京ドームは欲しいですね。

それ以外では(3458)シーアールイー、必要ならば(8142)トーホー100株あたりも取っていいでしょう。

楽天証券でのおすすめの12月優待銘柄

1/15楽天短期の銘柄が更新されました。

1月は銘柄が少ないのでおすすめ銘柄はSBI証券とあまり変わりません。

表を見て銘柄を選択してください!(て、手抜きじゃないんだからっ‼)

まとめ

1月は少ない分、楽でいいですね。

アメリカが戦争しそうで市場は荒れていますが優待クロサーには関係のない話。

淡々とクロスにいそしみましょう。

それではよい優待生活を!